Migaki

書くことから磨く

CL 1節 バルセロナvsユベントス

 昨シーズン苦を味わったバルセロナカンプノウユベントスを迎えて行われた一戦は3-0でホームのバルセロナが完勝した。

 デンベレをスタートから起用し、スアレス、メッシと組んでゴールを狙う。対するユベントスは前線にアルゼンチンコンビを起用し、スタートした。立ち上がりはカウンターからユベントスがチャンスをつくるもゴールを奪えずにいた。一方のバルセロナはメッシが自由にポジションを変えながら組み立てる。しかし、縦パスをカットされるなどユベントスにカウンターを受ける展開も少なくなかった。そんな中、前半終了間際にメッシがゴールネットを揺らす。デンベレがメッシに出し、ドリブルで運んでいくそして、スアレスとのワンツーから最後はゴールに流し込んだ。ブッフォンは動けず。

このまま前半を終える。

 後半開始2分にディバラがいい形でゴールを狙うも枠を捉えきれない。ユベントスとしては決めておきたいところだった。すると同11分クリアボールを拾ったメッシが右サイドをえぐり中にパスDFがクリアするもこぼれ球をラキティッチが決める。そして同24分にイニエスタからボールを受けたメッシが得意な形で追加点を奪い試合を決めた。

  バルセロナの得点は奪ってから縦に早く相手に準備をされる前にゴールを決めきる形が多く、メッシのコンディションが非常に良い。また、デンベレスアレスとのコンビからの形があるので脅威だろう。イニエスタのコンディションも上がってきていて、あのドリブルがみれて個人的に嬉しい。

 一方のユベントスはカウンターからディバラとイグアインがシュートにいくがひやりとする場面は少なかった。