Migaki

書くことから磨く

オーストラリア戦個人的戦い方 (予想)

 本日夜に迫ったオーストラリア戦の戦い方を考えてみました。(あくまでも一意見なのでご了承ください)

 それでは、まず日本の先発は4-3-3で川島、酒井宏、吉田、昌子、長友、井手口、柴崎、岡崎、大迫、久保でスタート。f:id:tomaspionner:20170831095009j:image

攻撃パターンは相手の右ストッパー、デゲネクは前に強いが飛び込むことも多いので技術のある久保を起用。背後に弱いので近くに柴崎を起用し、裏へのパスや久保とのコンビネーションでデゲネクの裏を突いていきたい。右に岡崎を起用したいのはゴールを決めるためである。左サイドで崩して岡崎、大迫でゴールを決めるのが理想の攻め方。相手の左ストッパーはサイドにつり出されるとCBのセインズベリーも流れることがあるのでその裏を井手口が飛び出してゴールにむかいたい。(コンフェデのドイツの3点目が理想) サイドをえぐるとCBとボランチの間にスペースができる時があるので長友と酒井宏の攻撃参加からマイナスで井手口や柴崎が入ってくるとゴールになりやすい。

 守備面はレッキーが警戒されているがシャドーの位置に入るトロイージ、ロギッチに注意が必要だ。ラストパスやドリブルなど大事な場面では力を発揮してくるので警戒が必要だろう。左WBにはいる選手(たぶん16)の選手は突破力があまりないのでそこに入れさせてボールを奪うのも一つの手段かなと思っている。一番重要なのはボールを失った後の切り替え、オーストラリアは縦にパスを入れてくることが多いので長谷部、吉田、昌子を中心に入れさせないことが大事(ブラジルは縦パスを奪い切っていた)

 日本としては立ち上がりから得点を狙いにいってほしい。オーストラリアは前後半ともに立ち上がりにゆるんでいることが多いのでそこで得点を奪い有利に進めたい。2点は取っておきたいかなと思う。

 以上、コンフェデと親善試合をみて私なりに考えてみたので参考になれば嬉しいかなと思います。