Migaki

書くことから磨く

リーガ バルセロナvsベティス

 主力を怪我で抱えるバルセロナと攻撃的な布陣で臨むベティスの一戦はホームのバルセロナが2-0で勝利した。

 スーペルコパでレアルに敗戦をしたバルセロナはメッシをトップ下に配置し、開幕戦に臨んだ。立ち上がりはお互いにチャンスを作れないまま時間が過ぎていく。ブスケッツからメッシにボールが入るようになってからバルサに流れが来る。そして迎えた前半37分ブスケッツ、メッシ、デウロフェウとつなぎクロスを入れるとメッシの前で触ったDFがオウンゴールをする。その1分後今度はベティスがチャンスを迎える。右サイドのパスに抜け出したセルヒオレオンがGKと1vs1になるも後ろから間一髪でマスチェラーノがボールに触りシュートをうたせない。

 そのカウンターから一度はボールを奪われるも奪い返したデウロフェウがPA内に侵入しラストパス、これを走りこんできたセルジロベルトが決める。このまま2-0で前半を終える。

 後半はセルジロベルト、メッシ、ブスケッツを中心にチャンスをつくる。一方のベティスは相手のミスからナウエルがゴールを狙うも枠外。結局前半のスコアのまま試合終了。バルセロナにとって大きな1勝となった。

 スーペルコパからメンバーやフォーメーションを変えて挑んだバルセロナはMFで起用したセルジロベルトがボールに多くかかわりチャンスを演出、メッシとの連携から惜しいチャンスを作るなど健闘した。また、ブスケッツもゴール前へ絡んでいくなど積極的なプレーが多く、守備面でもボールを奪うシーンが見れた。攻守の切り替えやポゼッションなどバルセロナらしさが見れるシーンが多かった。メッシは、3度ポストに嫌われるなど得点こそなかったがチームの攻撃を率先していた。

 ベティスは前に攻撃的な選手を起用するもいい形で攻撃は少なくまだ監督のやりたいことが浸透していなかった。セルヒオレオンやホアキン、グアルダートの連携があっていけば得点につながる気がした。