Migaki

書くことから磨く

スーペルコパ バルセロナVSレアルマドリード

 カンプノウで行われた1st Legはアウェイのレアルマドリードが3-1で勝利を収めた。

 普段のクラシコよりもぬるいスタートだった。立ち上がりはレアルがボールを奪ってからゴールまでいくことが多かった。特にイスコがチャンスメイクをするなどボールに関わることが多かった。

バルセロナは前半10分にスアレスが裏に飛び出してシュートをうつもナバスにキャッチされる。ファーストタッチが流れてしまったのがいたかった。同20分のカゼミロのタックルを機に両チームとも激しくなっていった。しかし、互いに崩しきれない場面が多く、決定機を迎えることはなく前半を終了する。

 

後半開始からレアルがペースを握り始め、50分にイスコがためをつくりパスを受けたマルセロがクロスを上げるとボールを触ろうと足を伸ばしたピケがオウンゴールをしてしまう。ラッキーな形で先制点を奪ったレアルは5分後にもベンゼマがピケをかわして上げたクロスにカルバハルがシュートを狙うもアルバがブロックに入る。

 悪い流れの中、バルセロナはデウロフェウに代えてデニススアレスを投入する。すると、75分メッシのシュートのこぼれ球を拾ったスアレスがナバスに倒されPKを獲得する。これをメッシが決め同点に追いつく。バルセロナに流れが傾いていた時にあの男がワンプレーで流れを変えた。自陣で奪ってからロナウドにつなぎ中に切れ込みゴールを決める。レアルの得意なカウンターが炸裂する。その2分後パスを受けたロナウドPAで倒れる。しかし、ここでシミュレーションをとられ、二枚目の警告を受けて退場となる。

 数的優位となったバルセロナは攻めたてるもゴールを奪えず、カウンターからアセンシオに決められ試合終了。ホームのアドバンテージを活かせず2nd Legに挑むこととなった。

 

 ネイマールの移籍によってバルセロナの戦力ダウンをあきらかに感じた。デウロフェウはシュートに持ち込むことはなくパスをしてしまう場面が多かった。カウンター時にスアレスがフリーのデウロフェウではなくメッシへのパスを選択したのも信頼関係がまだ築けていないと感じざるを得なかった。また、3失点に絡んでいたピケのパフォーマンスも気になるところ。

 一方のレアルはイスコを起点に多くのチャンスをつくっていたし、カウンターからの得点もあげていた。守備もゴール前での硬さがあり大きく崩されるような場面もなく、好感触のままシーズンに望めると思った。

 

 まだ2nd Legもあるので熱いゲームを期待したい。